冠婚葬祭のあいさつガイド
冠婚葬祭のあいさつについて、徹底解説しています。季節の行事、慶弔のあいさつ、お祝い。改まったあいさつをしっかり身につけよう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お歳暮・お中元を手渡すあいさつ例

お歳暮・お中元を手渡すあいさつ例

お歳暮・お中元を手渡す際に伝えることは、「感謝の気持ち」です。

お歳暮やお中元のあいさつ例に次のようなものが考えられます。
「日ごろ大変お世話になり、ありがとうございます。
お歳暮(お中元)のおしるしとして、ほんの形ばかりですが、
お持ちしました。どうぞお納めください。」


心ばかりのものですが、

お歳暮やお中元を手渡す時に、
「心ばかりですが、」
という言葉をよく使います。

代わる言葉として、
「ほんの形ばかりですが、」
「かわりばえもしませんが、」
があります。

最近は、
「つまらないものですが、」
という表現は、謙虚な気持ちをあらわす場合もありますが、誤解を生む表現なので避けた方が無難です。



スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。